第172号 2018年を振り返って

引用

2018年がもうすぐ終わろうとしています。

今年は「四季旅人」がスタートしてから最も忙しい一年になりました。
沢山のお問い合わせやご注文を頂き、また3か所で行っているフラワーレッスンも全て満席となり、現在キャンセル待ちをして下さっている方々もおられます。

自分が花屋を始めた頃、ぼんやりと考えていた「花屋としてこうであれたらいいなぁ」という夢が、現実となった一年だったと思います。

大変ありがたく、幸せを噛みしめながら、ご期待に添えるよう日々の仕事に向き合ってきました。

その中で、仕事と家の事のバランスをどのように保っていくか、改めて考え直す必要があることに気付きました。ブライダル等の仕事を除き、ほぼ一人で業務を行ってきましたが、時間や体力は有限ですし、仕事のクオリティを保ちながら、お客様や生徒さんに細やかな対応をさせて頂くには、仕事のやり方そのものを見直す必要がありそうです。

改めて自分はどんな仕事をしたいのか、そして何より仕事を通してどんな人生を歩みたいのか、考え直す時が来たのだと思います。

2019年は、これらを踏まえてじっくり自分に向き合い、新しいステップを踏み出したいと考えています。

今年の秋のブライダルシーズンからクリスマス、お正月にかけて、今までにない多忙な時期となり、ホームページを開設してから月1回更新してきた、この四季旅人通信も先月はお休みをしてしまいました。いつもご覧下さっていた方々、ごめんなさい。
これからもマイペースではありますが、身の回りのことや考えをお伝えしていきたいと思います。

今年もたくさんのご愛顧をありがとうございました。2019年、皆様にとって素敵な一年となりますように。

(2018.12.31 こまつ)

第171号 白い魔物

引用

数週間前、狭いバスの中で私はそれと対峙していた。

もう無理だ。ここから逃げ出したい。
でも逃げ出す大人なんて、きっといない。
もしそんなことしたら、私は一生笑いものだ。 続きを読む

第170号 さっぱりが好き

引用

秋の訪れを感じるようになり、衣替えを少しずつ始めています。

服を見ながら思う事・・・「同じようなものばかりだな」

どれも飾りのないシンプルな服ばかり。
色も黒と白がほとんどで、グレー、ベージュ、ネイビーといったベーシックな色が少しあるくらいです。 続きを読む

第169号 夏の終わりに

引用

8月がようやく終わるという頃。

夜中に悪寒がして、あっという間に熱が上がり、そこから3日間ほど寝込んでしまいました。
頭痛と倦怠感でぐったりし、ここ数年ほど経験していない辛い症状に見舞われました。 続きを読む

第168号 週末の楽しみ

引用

そろそろ日々の疲れが溜まってきたな、と思うとき。
どんなことをしてリフレッシュしていますか?

私は、以前は映画を見たり、家でゴロゴロしながら本を読むことが、大好きなリフレッシュ方法でした。 続きを読む

第167号 ささやかな贅沢

引用

早々に梅雨が明け、例年にない早い夏のはじまり。
こんな暑い季節に花なんて、とおっしゃる方も多いでしょう。
でも暑さに強く、この時期ならではの魅力あふれる花が意外と多い季節でもあります。

一番のおすすめは、ひまわり。
オレンジ色の他、レモンイエローや茶色など、品種によって様々な表情を見せてくれます。
太陽に向かって元気に咲く花姿は、子供の頃からなじみ深く、多くの方に愛される花の一つです。 続きを読む

第166号 母の日を終えて

引用

花屋にとって、一年で最も忙しい母の日を先日無事に終えました。

今年は、今までで一番多くご注文を頂いた母の日でした。
毎年ご注文下さる方も、初めての方も、本当にありがとうございました。 続きを読む

第165号 私を育ててくれた人

引用

かつて勤めていた会社の元上司が先日、お亡くなりになりました。

社会で仕事をしていく上で大切なことを教えてくれた人。
この方に出会っていなかったら、今の私はいませんでした。

かつて私は新卒で地元の企業に入社し、約3年間ほど住宅メーカーの会社員として仕事をしていました。 続きを読む